三鷹市・世田谷区で外壁塗装や塗り替え工事は、外装リフォーム専門店、ニューチャーハウスへ!

  • 見積無料
  • 診断無料
フリーダイヤル 0120-961-872 [くろい屋根に] 【電話受付時間】9:00~19:00
お問い合わせフォーム

外的ダメージから建物を守る防水工事

建物にとって、水の侵入は一番の大敵です。外壁のヒビ割れ、コンクリートやモルタルなどの反り、水漏れなどが見つかったら、早めに防水塗装をすることをおすすめします。

防水工事が必要になる場所は屋根、屋上、ベランダ、外壁、床などです。もし、雨漏りやヒビ割れがちょっとでもあって放置しておくと、時間が経つにつれ建物全体に悪影響を及ぼしかねません。補修費がかさんでしまわないうちに、塗装で防水対策を行いましょう。

どうして建物に防水工事が必要なのか

建物は、常に外敵にさらされています。外敵とは、風雨、雪、紫外線などです。このうち塗装面の劣化を進行させやすいのが紫外線です。紫外線はエネルギーが高く、塗装面もそれを浴びれば浴びるほど、乾燥してヒビ割れやすくなります。そして、そこに風雨が当たると、水が浸入し始めます。特に、海岸地方では潮風による塩害、低温地域では凍結による膨張伸縮などでそれに拍車をかけます。これを放置して劣化させてしまうと、建物の資産価値を低下させてしまうのです。

建物は、この紫外線、風雨に繰り返しさらされ続けることによって、塗装面の劣化は著しく早まります。塗装面が劣化してちょっとしたヒビ割れ(クラック)などの隙間が生じると、そこから雨水や塩気が浸入。建物の構造部分にじわじわとダメージを与えていきます。そういった被害を未然に防ぐためには、早めにヒビ割れなどを見つけて防水工事を行うことが欠かせないのです。

防水工法の主な種類

防水工法の種類 特徴
FRP防水
  • FRP防水とは、繊維強化プラスチック(FRP)を使った工法で、ガラス繊維などが入った強化材により強度があり耐久性に優れています。
  • 比較的簡単で、現場で仕上げる工法のため、複雑な形のベランダでも継ぎ目がなくきれいに仕上がります。
  • 注意点は、ごまかしもきいてしまう工法でもあること、すでに雨漏りしている箇所の防水には向かない場合もあることです。
ウレタン防水
  • ウレタン塗膜防水とは、ウレタン樹脂塗料をローラーや刷毛で塗装し、化学反応により硬化しゴム状の防水膜を作る工法です。
  • 現場で仕上げる工法のため、複雑な形のベランダでも継ぎ目がなくきれいに仕上がる

シート防水

シート防水工事で使用されるシートは、ゴムシートもありますが、現在塩ビシートが主流です。紫外線や熱に耐久性があり、10~15年もち、比較的安価です。しかし、シートの継ぎ目部分の施工など難易度の高い工事となります。陸屋根に向いています。 このように各防水工事の特徴を知ることで、建物に最適な工法を選択でき、悪徳業者からの被害予防に繋がります。ご不明点はお気軽にお問い合わせください。

シート防水の施工例

Before
→

After

劣化を放置せずに早めの対策を

普段、何気なく見ている我が家もよくみれば、ヒビ割れが起きているということもあります。「建物には水の侵入が大敵」と言う予備知識があれば、洗濯物を干しながら、壁やベランダの床にヒビ割れ発見することもできますね。これをちょっとだからと放置して行くと、じわじわと建物の内部にしみわたり、構造部分を破壊しかねません。内部まで達してしまうと、外からはなかなかその被害状況を把握しきれなくなってしまいます。

建物の寿命を縮めてしまわないために、普段から我が家をよく観察し、早めにメンテナンスを行いましょう。できれば、1年に1回、防災の日など決まった日に家全体をセルフチェックする日を設けましょう。早めに対策することで、建物の資産価値を下げずに、長く快適に生活できるのです。

オーナー様法人様必見!! 塗替えは信頼できる業者へ アポート・マンションの価値を高める!